2017年6月11日日曜日

総合科目「森林環境資源学」のフィールドワーク

10日の山中湖:最低8℃、最高27℃、晴れ
11日の山中湖:最低12℃、最高20℃、曇り時々晴れ
この週末は、東大教養学部で開講している総合科目「森林環境資源学」のフィールドワークが行われました。
この科目が当研究所で行われるのは初めてですが、21名の学生が参加してくれました。
当研究所でのフィールドワークは森林環境がもたらす「癒し」の側面に着目するもので、初日は、癒しの場として森林・緑地を見る基本的な視点を体得すること、2日目は癒しの場として森林を管理する観点を学ぶことを目的としてフィールドワークをしました。
まずは初日の様子です。

学生たちは5つの班に分かれて、研究所周辺を歩いてめぐりながら、特徴的なスポットの森林・緑地について、観察するとともにワークシートに基づいて、癒しの場として評価をするという課題をこなしてもらいました。

一口に森林・緑地といっても、様子はかなり違うので、どう違うのか、どういう人にとってふさわしい空間なのか、など、班内で話し合いながら課題に取り組みました。
この日の午後だけで7キロ以上歩きましたが、山中寮に戻ってきてから、発表会の担当を決めて、各班で発表準備に取り組んでもらいました。

各班からの発表とそれへの質疑では、人によって「癒し」の受け止め方が相当違う、ということが浮き彫りになったことが大変印象的でした。
二日目は、「管理」の方に視点を移して、まずは富士癒しの森研究所の林内を歩きました。

森に手を入れることによって、森の印象は大きく異なってくることや、管理はコストがかかることなどを解説しました。
その後、また研究所外へ足を伸ばして、山中湖村が管理する文学の森公園にお邪魔し、実際に現地の管理に携わっていらっしゃる方にお会いして、公園の中を歩きながら、管理上の苦労や工夫について教えてもらいました。

学生にとっては、目立たないけれども、こうした手間もかかり、苦労も多い仕事があって、安全・快適に来訪客が過ごせる緑地が保たれていることを知る良い機会になったと思われます。また、なぜこうした仕事を長く続けられるのかということについて、それぞれの方の思いも語っていただけたことは、何よりの学びの機会となりました。
学生はきっと多くのことを学びとってくれたことでしょう。

2017年5月29日月曜日

山中寮・富士癒しの森研究所を活用したゼミ合宿・職員研修のご案内

富士山麓山中湖畔の富士癒しの森研究所(農学生命科学研究科附属演習林)内に立地するスポーティア山中寮内藤セミナーハウスは、親睦を兼ねたゼミ合宿や職員研修に最適の環境です。
周囲の森(演習林)でリフレッシュを希望される場合は、森林ガイドなどに対応いたしますので、富士癒しの森研究所にご相談ください。
詳しくは以下のチラシをご覧ください。
なお、通常8月前半は非常に混み合いますので、この時期を外して計画されますことをおすすめします。ぜひこの恵まれた環境をご活用ください。

2017年5月7日日曜日

全学体験ゼミナール「危険生物の知識(春編)」

6日の山中湖:最低6℃、最高22℃、曇
7日の山中湖:最低9℃、最高22℃、晴
ゴールデンウィーク最後の週末、1・2年生対象の全学体験ゼミナール「危険生物の知識(春編)」の現地実習が行われました。
これまで「秋編」が10月にここで行われてきましたが、「春編」のここでの開催は、今回が初めてとなります。
今回は14名の学生が参加しました。
初日のメインは危険な植物の観察と、それらを用いた実験です。

心配されていた天気もなんとか持ち、存分に植物観察をしたいところだったのですが、今年は春の進みが遅く、全体的に緑が少なかったです。ところによっては、まだサクラ見頃になっている状況でした。
そんな厳しい条件でしたが、芽吹きたての植物を目をこらしながら観察していきました。
種類によっては、根っこを掘るなどして、特に危険な部位を実際に確かめたりもしました。

かつて、魚毒や殺虫用に用いられていた植物を林内で採取してきて、実際にその効果を確かめる実験もしました。
こうした実験を通して、危険な植物をただ避けるだけでなく、それを暮らしに活かしてきた先人の知恵についても学びました。
2日目のメインは、昭和大学の萩原先生を特別講師に迎えてのハチの危険性についての講義と、ハチの毒針の観察です。

講義では、数多くいるハチの中でも人間に襲いかかってくるのは、社会性を持ったハチに限られ、巣を守るために刺そうとすること、実はハチの毒はあまり強くなくて、アレルギー反応(アナフィラキシーショック)が最も気をつけなければいけないことなどを学びました。

冷凍保存されていたハチから毒針を抜き出して、顕微鏡で毒針がどのような仕組みになっているのかを観察しました。
うまく毒針を分解できた班では、ノコギリ状になった毒針の構造が観察できました。

前日に林内に設置していた地表徘徊生昆虫をターゲットにしたピットフォールトラップを回収して観察しましたが、やはり昆虫の出足も鈍いようで、思ったような成果が得られませんでした。
その代わりに、サンプルとして持参していたマイマイカブリやゴミムシの仲間など、毒液を噴射するために注意を要する昆虫について学びました。

樹皮がシカに食べられた痕など、林内に残されている動物の痕跡を観察しながらの森林散策をしました。
センサーカメラの前では、実際にそこで撮影されたツキノワグマの映像をiPadで見てもらいました。

最後は昼食。実験に用いた植物や、森林散策で危険性を開設した植物の中には、食用に適するものがありますので、それらを用いて、昼食のお弁当のプラスアルファとなる一品を作って賞味しました。
また秋には、「秋編」として同様のプログラムが行われる予定です。

2017年4月22日土曜日

春の特別ガイド2017

本日の山中湖:最低3℃、最高14℃、曇り
東大職員向けの春の特別ガイド「春の彩りを訪ねて」も8年目を迎えました。
今回はこれまでで最高の22名の参加者がありました。
でも、今年はこれまでになく春の進みが遅く、彩りに乏しい条件での散策となりました。

それでも所々でマメザクラの花がほころび、間近での「お花見」を楽しむことができました。
足元でも、よく見れば、小さなスミレやイワボタンが姿を見せており、皆さん虫の眼になったつもりで可愛い彩りを見つめていました。

今回の思わぬ収穫は、先週の嵐で落ちたカラマツの枝先を間近に観察できたこと。

上は室内で改めて撮ってみた写真ですが、新葉、雌花、雄花それぞれが確認できます。
一番小さなものが新葉、次に大きいのが雄花、一番大きなものが雄花です。

お昼時間には、お楽しみで焼きマシュマロ。
焚き火に親しんでもらいました。

午後は恒例のお絵描きタイム。
皆さん、静まり返って、真剣に植物を見つめては、絵を描いていました。

今年も雰囲気のよい絵はがきがたくさんできました。みなさんの作品ギャラリーはこちらから。

2017年4月18日火曜日

マメザクラが咲き始めました

本日の山中湖:最低12℃、最高21℃、曇りのち晴れ
ようやくマメザクラが開き始めました。

これは、毎年一番早く咲く個体のものですが、徐々に林内の他のサクラもほころんでいくことでしょう。

足元にはトリカブトが一気に芽吹いてきました。

2017年4月17日月曜日

富士五湖フットパスフォーラム

本日の山中湖:最低5℃、最高21℃、曇りのち雨
昨日から北海道、東京・町田、甲府のフットパス関係者が富士五湖地域に集い、フットパスを歩き、意見交換・情報交換をする機会を持ちました。

上の写真は、精進湖に一泊後、朝ご飯前の散策の様子です。精進湖に張り出した樹海の一部を湖越しの景色やようやく咲き始めた花々を楽しみながら歩きました。

その後、山中湖に移動して、歴史を感じなから里の中を歩き、地元ならではの料理に舌鼓を打ちました。

本日は、その締めくくりとして、富士五湖の地元の精進湖活性化協議会、山中まちづくり委員会、山中湖おもてなしの会、山中湖村・宝ラボの皆さんと共催で、「富士五湖フットパスフォーラム」を開催しました。
富士五湖地域内外40名ほどの参加をいただいて賑やかな会となりました。

フォーラムでは、20年以上フットパスに携わってきた大先輩の最新事情と経験を共有し、富士五湖のフットパスの現状について確認しました。後半は、地元の若者団体「山中湖おもてなしの会」のファシリテータで意見交換。意見交換では、①教えて欲しいこと、②印象に残ったこと、③期待したいこと、④不安なことについて、を皆さんに書き出してもらってざっくばらんな意見交換をしました。時間が足りなくて消化不良なところもありましたが、フットパスの秘める可能性について考えを深める良い機会になったようです。


2017年4月14日金曜日

アブラチャンとコブシ開花

本日の山中湖:最低−4℃、最高17℃、晴れ
まだまだ氷点下まで冷え込む朝ですが、着実に春本番となって来たようです。

アブラチャンがようやく開花。これから林内が一気に色づいてくるでしょう。

湖畔の日当たりの良い場所では、コブシも咲き始めました。

サクラの方はどうかと見てみると…
毎年いち早く咲くマメザクラの株の枝先がピンク色に膨らんできていました。
これも陽気が1、2日続けば開花となりそうです。