2016年11月30日水曜日

第1回安全作業講習会

本日の山中湖:最低−6℃、最高6℃、晴れのち曇り
先週の雪には驚きましたが、週末の雨で、ほとんど雪が消え、心配されていた安全作業講習会を無事に開催することができました。
今回は3組6名の方が参加されました。

特製テキストに基づき、現場で作業の安全確保のためのレクチャーをさせていただきました。

今回重点的に説明させていただいたのは、林内での玉切り作業についてです。
林内は不整地のため、安全な玉切り作業をするためにはいろいろ気をつけなければならないことがあり、実地に即して説明させていただきました。

2人1組での作業の仕方として、トビで丸太の木口を浮かして切る方法などを実際に体験もしてもらいました。

今回参加した皆さんは、後ほど、薪割り機を使って現場で薪作りをすることを予定されている方もいるため、薪割り機の安全な使い方について、実際に薪割り機を運転しながら学んでもらいました。
この安全作業講習会は第2回として次回は12月14日に開催予定です。



2016年11月18日金曜日

クルミじゃぶじゃぶ

本日の山中湖:最低-1℃、最高12℃、晴れ
クルミじゃぶじゃぶ…
ピンときた方、こない方、あるかと思います。
今日は今年採ったクルミの実を、普段知ってるクルミの状態にする処理をしました。

先ずは職員二人がかりで、木の棒2本流、筆者はゴム手袋流で、
ひたすら黒い果肉を取り除いていきます。
実と実をこすり合わせるような感じで、
真っ黒になる水を飛ばさないように気を付けながら、
じゃぶじゃぶ、じゃぶじゃぶ…
最初はドロドロの真っ黒。
何度かすすぎ、
またじゃぶじゃぶ、じゃぶじゃぶ…
この作業を繰り返していくと、
おなじみのクルミの姿になりました。
あとはよ~く乾燥させます。
これで作業は終了。
学生実習などに使用する量として十分足りそうです。
あとは実入りが良ければいいですね。

そろそろ凍結の心配など、冬支度を考え始める富士癒しの森研究所ですが、
写真の細かい落葉松の葉にご注目。

落葉松の落葉がピークを迎え、まるでシャワー状態。
風吹くたびにこの有様でした。
落ち葉掃きをしながら、秋終盤を痛感する一日となりました。


2016年11月15日火曜日

薪づくりのための「安全作業講習会」のお知らせ

富士癒しの森研究所では、昨年度に引き続き、植林試験地での間伐作業を行っております。この間伐によって発生した木材を、薪ストーブの薪などに希望される方に提供したいと思います。
現場での作業を行っていただくために、安全作業会を実施します。もちろん、純粋に安全作業を学びたいという方の参加も歓迎いたします。
上記のチラシをご参照ください。

<薪原木採取・薪づくりについて>
  • 11月30日、12月14日いずれかの安全作業講習会に参加された方は、後日、間伐木を現場で玉切り、薪割りの上、持ち帰っていただくことができます。
  • 間伐木は針葉樹(チョウセンゴヨウマツ、アカエゾマツ、シラビソ)です。
  • 作業は必ず2名以上のグループで行ってください。作業参加者は全員が安全作業講習会に参加する必要があります。
  • 作業は一日2組限定とします。うち、1組は薪割り機(下の写真のものです)の利用ができます。

  • 薪割り機を利用する場合は、ガソリンを満タンにして返していただきます。また、作った薪の1割ほどを研究所に提供していただきます。
  • 1組に1本のトビと人数分のヘルメットをお貸しします。
  • その他の道具や車は、ご自身でご用意ください。
  • 作業は12月1日〜3月末までの平日で、事前に富士癒しの森研究所との日程調整が必要になります。
  • その他、詳細については安全作業講習会にてご説明いたします。

2016年10月24日月曜日

アジア・アフリカの皆さん御一行がいらっしゃいました

本日の山中湖:最低4℃、最高13℃、曇り
今日は東京大学のアジア生物資源環境研究センターの皆さんと、そこが招待している海外の学生の皆さんが、大学院の講義を兼ねて富士癒しの森研究所に見学にいらっしゃいました。総勢27名の参加があり、にぎやかに見学がスタートしました。
参加した学生のほとんどは熱帯アジア・アフリカから、ということもあって寒さを心配していましたが、こうした気候の森はとても興味深かったようです。
人工林では、枝打ちをしていないのに枝が枯れ上がって通直な幹が見られる様子は珍しいもののようでしたし、年輪も興味をひくようで、丸太の断片を見ては年輪を数えていました。また、冬芽の存在も珍しかったようです。
大学院の講義では、植生撹乱が一つのテーマになっていたので、湖畔に出て遠くに見える草山や湖畔の水際の植生について観察してもらいました。
事務所周りでは、森林景観整備と木材の燃料利用の実例について解説し、木材を薪にするための様々な道具を見てもらいました。
聞いてみたところ、これまで薪割りをしたことのない人ばかりで、海外の学生向けへもこうした体験を提供していくことは重要なのかもしれません。
最後は癒しの森講義室の見学です。
さすが学生さんは、説明しなくても内装に使われる木材がすぐ目に止まり、これはどういう木材か?何か塗ってあるのか?と聞いてきます。
そして、木肌を撫でてはじっくり木材を鑑賞してもらいました。
こうした機会は、我々が普段あまり気に留めていないことが重要なこともあると気づかせてくれる機会でもあり、ありがたかったです。

2016年10月23日日曜日

全学体験ゼミナール「危険生物の知識(秋編)」2016

22日の山中湖:最低8℃、最高16℃、曇り
23日の山中湖:最低7℃、最高19℃、晴れのち曇り
今年も全学体験ゼミ「危険生物の知識(秋編)」の現地講義が行われました。
1年生を中心に20人の学生が参加しました。
まずは翌日の観察のために、ピットフォールトラップを設置します。
オサムシなどの地表徘徊性の虫が捕まってくれることを願って。
その後、早速林内へ見学へ出かけました。
まず立ち寄ったのが7月に見つけておいた地蜂の巣穴です。ここではしばらく働きバチが元気良く通っているのが観察されていましたが、9月にオオスズメバチの襲撃を受けて巣が壊滅してしまいました。
今回、初めての試みとしてiPadを使って、現場でオオスズメバチに巣が襲撃される様子を見てもらいました。
7月には岐阜県の恵那農業高校のHEBOクラブの皆さん、全国地蜂連合会の皆さんに来ていただき、危険箇所の地蜂の巣を撤去、木箱に移設してもらいましたが、今回もご協力いただいて、自然巣と木箱に移設した巣の収穫の様子を見せてもらいました。
木箱に移設した巣は、木箱の大きさの限界まで成長しており、計測すると1.35kgありました。これは、餌を与えずに自然に育つものとしては、かなり大きなものだそうです。
ゼミの受講生もちょっと遠巻きながら、興味津々の様子でした。
巣の中の「蜂の子」の中でも、蛹になったばかりの白いものは、生で食べても美味しいそうで、薦められて試している学生も多くいました。
その後、危険な植物の観察やきのこ採取をしながら、山中寮へ戻りました。
山中寮では、林内で採取された植物やきのこを用いた実験です。
かつて行われていた魚毒漁を実験で確かめる実験、またかつてハエトリなどと呼ばれていたキノコの効果を試す実験などに取り組みました。
キノコの実験は一晩おいてから効果を確認します。
夜には特別ゲストとして、ハチの生態に詳しい昭和大学の萩原先生に来ていただいて、ハチへの接し方を考える基礎となる様々なお話をいただきました。
人を指すハチは実はそれほど多くないこと、ハチの毒自体はあまり強くないこと、怖いのは人の体の反応でこれが人によって様々であることが、詳細なデータや経験談を交えてわかりやすく解説していただきました。

2日目は、まずピットフォールトラップの結果を確認。
去年はなかなか大物が掛かっていたので期待したのですが…、今年は残念ながらおめあての地表徘徊性昆虫は見つかりませんでした。が、ムカデなど、人に危害を加える可能性のある虫が確認できました。
最後のプログラムは、実習で使った魚や植物、付近のキノコを使った調理実習です。
中でも地蜂の巣から「蜂の子」を取り出す作業が手間がかかって大変でした。
恵那農業高校の皆さんに指導いただきながら、丁寧に、そして時に大胆に取り出していきます。
この作業を「ヘボ抜き」というのだそうです。
味噌汁用に山中寮の付近に発生していたヌメリスギタケモドキ、ウスヒラタケを採取してもらいました。
実験に使ったニジマスは炭火で焼いて、サンショウの実をすりつぶして作った田楽味噌を塗ってさらに炙って、焼き魚田楽として美味しくいただきました。
最後に、昼食を食べながら、全国地蜂連合会・顧問の立教大学・野中先生に昆虫食のいま・未来について、文化の大事さに触れながらお話しいただけました。
危険生物という切り口ながら、我々の自然に対する文化にも考えを広げる学習の機会になったのではと思います。

2016年10月18日火曜日

国立台湾大学生のエクスカーション

本日の山中湖:最低10℃、最高23℃、曇り
先週から東京大学演習林には国立台湾大学の学生さんが海外学習にいらっしゃっています。
先週いっぱいは北海道、そののち愛知の生態水文学研究所、東京の農学部キャンパスと見学を重ね、最後の見学地として富士癒しの森研究所にいらっしゃいました。
訪問した学生さんは4目。まずは講義室で、当研究所の課題と取り組みについて簡単に説明してから林内見学のスタートです。

ちょうど技術職員による間伐の研修が行われていたので、間伐の一部始終を見学してもらい、間伐の難しい点や、当研究所で取り入れている安全性と簡便性を追求した技術について知ってもらえました。

森の中では運良くヤマブドウも見つけることができ、美味しいと好評でした。
葡萄はあちらでも同じ漢字を書くので、筆談でうまく伝わりました。
サンショウは日本では山椒ですが、あちらでは花椒ということで筆談を通じながら話が盛り上がりました。

事務所に立ち寄った際には、どうしてもやりたい、というリクエストがあり、急遽、薪割り体験をすることに。今までやったことがないのだそうです。
4人ともなんとか割ることができ、盛り上がっておりました。
最後にレポートを書いてもらって解散となりましたが、中には、将来的に日本で勉強したいと書いてくれていた学生もいました。
国際交流の機会は大事にしていきたいですね。

2016年10月5日水曜日

間伐木の選木

本日の山中湖:最低13℃、最高24℃、曇りのち雨
昨年に引き続き、富士癒しの森研究所では、今年も寒地性樹種試験地の間伐を予定しています。
今月には間伐作業が行われるということで、急いで間伐対象となる木の剪定を行いました。

今年、間伐を予定しているのはチョウセンゴヨウマツ、アカエゾマツ、シラビソです。
直径階ごとの目標本数を定めた上で、空間配置を考慮しながら、間伐対象となる木を選んでマーキングしていきました。
今年も全体で数百本ほどの伐採木が発生する見込みです。
昨年度は、木材搬出作業会を実施しましたが、今年度も地域の皆さんに間伐材を提供できるような催しを考えております。
詳細が決まりましたら、当ブログなどでお知らせしますので、ご期待ください。