2018年2月20日火曜日

センサーカメラおすすめ画像

だいぶ雪が解けてきました。
まだ2月なのでまた積もるかもしれませんが…

そんな中お届けするのは、最新でも何でもない、
数年前の夏の画像です。



クマです。ちなみにツキノワグマです。

センサーカメラではこれまでに2回記録されています。

イノシシに遭遇すると怖いと以前書きましたが、
クマに遭遇したらどうしましょう。

湖畔の雪の上に足跡があったこともあり、
結構身近で活動しているようです。

とりあえず林内の掲示板に
「クマ出没注意」を貼ってみました。

一応、熊鈴やクマスプレーは用意されています。

2018年2月7日水曜日

厳寒の湖畔

本日の山中湖:最低−18℃、最高0℃、快晴
先月後半からの強い冷え込みで、山中湖の湖面の氷の面積が増えてきました。
気象庁のアメダスによると、今シーズンの現時点での最低気温は−18.6℃だそうです。
そんな厳寒の早朝に湖畔に出てみました。

湖面はほぼ全面的に凍っているように見えます。
全面結氷ということになると、2006年以来のことだそうです。
耳をすますと、氷同士がぶつかり合い、きしむ音が聞こえます。

足元をよく見ると、白い花のようなものが見えます。
これは、フロストフラワー「霜の花」と呼ばれています。
氷がまだ薄く、水蒸気が湖面近くに出やすい状況で、かつ−15℃以下に冷え込むという、とても限られた条件で起こる現象のようです。

岸辺の雪原では奇妙な跡が残っていました。
キツネの足跡のようです。
写真左下の方から歩いてきて、急に左に小走りするように方向を変え、今度は逆方向に大きくジャンプしたことが見て取れます。
想像に過ぎませんが、キツネが雪の下で動くネズミの気配に気がついて狩をしたのかもしれません。
この雪の上でどんなドラマがあったのか、想像するのもこの季節の大きな楽しみです。


2018年2月3日土曜日

特別ガイド「冬のさんぽみち」

本日の山中湖:最低−8℃、最高3℃、曇り
今年は各地で例年以上の冷え込みになっていると話題になっていますが、研究所の前の湖面も氷が成長してきており、早朝には幻想的な景色も楽しむことができます。

新しい雪も降って、さらに冬らしい景色となった今日、東大の教職員向けの特別ガイド「冬のさんぽみち」がおこなわれました。
定員いっぱいの20名の方が参加されました。
冬の森は意外と生き物の気配を感じることができます。
小鳥の気配は、鳴き声や雪の上に散らかされた木片や木の皮でうかがうことができます。

今回は雪が新しかったので、動物の足跡があれば、昨夜から朝のうちに付けられたものだとわかります。
林内の足跡の多くは、シカによるものですが、今回はイノシシの痕跡も見ることができました。上の写真は少しわかりにくいですが、雪が掘り返されて、落ち葉が見えています。これはイノシシが餌を探した跡です。

雪から顔を出しているウバユリは、ちょっとしたおもちゃです。
振ると、魔法使いの杖のように翼のついた種がひらひらと舞い出します。

お昼休みには、恒例の演習林産のくるみ餅を提供させていただきました。

今日はずっと曇り空でしたが、最後の最後には富士山が顔を見せてくれ、みなさん写真撮影を楽しまれていました。
寒空の下でしたが、みなさん、それぞれに冬の森林散策を楽しんでいただけたようです。お疲れ様でした。




2018年2月2日金曜日

また雪が降りました

本日の山中湖:最低−5℃、最高−2℃、曇り一時小雪
山中湖では先週に引き続き、今週も大雪となりました。
先週ほどではありませんが、20センチほどの雪が積もりました。

前回の雪も残っており、屋根の上の雪は30センチほどとなっています。
今回も気温の低い状態で降ったので、さらさらとした雪で、着雪害はあまり心配しなくてよさそうです。

屋根の雪が長期で残っているので、つららがだいぶ大きくなって来ました。
軒下を歩くのは危険なので注意が必要です。
周辺の道路も雪がしっかりあるので、いらっしゃる方は十分にお気をつけください。

2018年1月30日火曜日

全学体験ゼミ「森のエネルギーを使いこなす」2017

28日の山中湖:最低−16℃、最高2℃、晴れ
29日の山中湖:最低−10℃、最高3℃、晴れ
30日の山中湖:最低−12℃、最高0℃、曇り一時雪
今年も教養学部の講義、全学体験ゼミ「森のエネルギーを使いこなす」の現地講義が2泊3日の日程で行われました。
今回は受講生5名ということで、かなり少なかったですが、意欲の高い学生ばかりで、とても充実した実習内容となりました。

初日はまず、薪割り。様々な道具を使って薪割りに取り組みました。
とはいっても、体積の計測をする演習が目的です。
定尺に切られた丸太を円柱とみなして、直径を計測したのち、薪割りをしています。

割った後の薪を積んだ後で、積み上がった薪の体積を計測します。
これを「層積体積」と呼び、空隙を含んだ体積を求めることになります。
実際の体積が割って積むことで、どれだけかさばるようになるのかを知るためのプログラムでした。

夕方には、近くで薪ストーブを使っていらっしゃる方のお宅を訪問し、インタビュー調査の体験をしました。
薪ストーブの温かみに直に触れられただけでなく、今後の人生にためになるようなお話も教えていただけたことは大きな収穫でした。
2日目は炭焼きをしつつ、その裏で別の活動もしました。

このところの冷え込みで、炭窯に火を入れても、出て来る煙の温度はしばらくマイナスの温度。どうなることかと思いましたが、1時間もすると、煙の温度が順調に上昇するようになり、軌道に乗りました。

雪の中で、間伐体験。なんとか、一人1本ずつは切り倒すことができました。
切り倒した木は、様々な計算問題をするために、計測しデータを取りました。

お隣の村にもお邪魔し、温泉の加熱用薪ボイラーに使われる原木が運び込まれる「木の駅」を見学し、こうした仕組みが山村地域にある意義や、その背景にある想いなどについて、学ばせてもらいました。

最終日の早朝には、有志の学生とスノーシューを履いて湖畔へ。
湖面のところどころに氷が漂い、厳冬期ならではの景色を経験してもらうことができました。

炭焼きは順調に進行して、最終日朝には予定通り窯明けをすることができました。
入れた原木の重量に対しての、できた木炭の重量の比率、収炭率は16パーセント弱。
これはちょっと低い値ですが、品質としては、堅くしっかりと焼き上がった良い炭ができました。

最後に打ち上げとして、薪や炭を用いた昼食です。
今回のメインはピザ。前夜から生地も仕込んで、薪窯を使ってのちょっとしたピザ職人体験となりました。
今回も学生たちは体験と演習課題を通じて、エネルギーのこと、森林のことを深く考えるきっかけとなったようでした。

2018年1月26日金曜日

センサーカメラおすすめ画像

2018年初めてのセンサーカメラおすすめ画像です。
今年も月1回くらい更新したいと思います。

今回はシカです。



5頭の行進です。
行進は結構見られますが、全部一度に写るのはなかなか貴重かもしれません。

ちなみに今年に入ってからの映像です。

2018年1月24日水曜日

木酢液と薪ストーブの灰を提供いたします。

学生実習で炭焼きをする際に採取している木酢液と、研究所事務所で使用している薪ストーブの杯を、ご希望の方に無償でお分けします。
◎木酢液

畑での散布等にご活用いただけます。
1.5リットルあるいは2リットルの容器でのお渡しになります。

◎薪ストーブの灰

畑の肥料や、凍結路面の滑り止めなどにご活用いただけます。
純粋な灰ではなく、小さな炭のかけらも混じっております。
一般的なゴミ袋に入れた状態でのお渡しになります。

希望される方は、平日昼間(9〜17時)に事務所にお越しいただき、職員にお伝えいだければ無償提供させていただきます。

いずれも、数に限りがありますので、ご所望の方はお早めにいらしてください。
欠品の場合はご容赦ください。